こんなにある!メンズウィッグのバリエーション

ナチュラルな前髪、誰でも使いやすい基本スタイル。
顔のラインを綺麗に見せておでこが広い方におススメ。

毛髪表面を特殊コーティングし、絡みにくいツヤのある仕上がり。
ウィッグ特有の不自然なテカリを無くし、複数のカラーを馴染ませたため、とても自然。

ウィッグの生え際を自然に見せるテクニック!

ウィッグを使用するとき、ウィッグの生え際に違和感を覚えてしまうこと、ありませんか?例えばウィッグを耳にかけると、生え際と地毛の境目がわかりやすく浮き彫りになってしまっていたり、ウィッグネットが見えそうになっていたり……。ワンレンヘアなどのウィッグだと、特に生え際が気になってしまいますよね。

かつらを使うデメリット

  かつらは装着していかに自然体に観られるかが大切となってきます。 強風な日や人混みの多い箇所に行き、頭部にショックが与えられてしまうと折角自然体にセットした髪型が崩れたり、最悪外れてしまい周囲にかつらだと言う事が知られてしまい恥ずかしい思いをしてしまう可能性もあるのです。 この為、常に鏡を観たり人混みを避けたりする必要があるのです。

現在のかつらは通気性が良い作りになっている為、蒸れる事も少ないと思われますが、夏の暑い時期はやはり蒸れてしまうものなのです。 途中で外す訳にもいかなく、ずっと装着し続けていると痒みや赤くなってしまう事もあるのです。 夏場だけかつらを外すなんて事は出来ないと思われますので、蒸れ難いかつらをチョイスする事が重要となってきます。 かつらは1回購入さえすればそれ以上の経費は掛からないと思われがちですが、かつらも放置しておくと劣化してしまいます。 毎日シャンプーを使用して清潔さを保ったり、日焼けしない様にケアを行なったりしなければならない為、経済的負担が大きくなってしまいます。 さらに手間や時間も掛かってしまうので、維持が大変になってしまいます。 簡単に装着出来るかつらは意外とデメリットが多いのです。

かつらを使用するメリット

世の中には自身の体についての悩みを抱えていらっしゃる方は多いかと思われます。 特に薄毛の悩みは大きな悩みとなってしまいます。 実年齢よりも年上に観られたり、異性から避けられる様な行動をされたりと深刻な問題になってしまいます。 そんな方にお勧めしたいのがかつらです。 薄毛でお悩みの方にお勧めなかつらについて掲載していきます。 まず簡単に使用出来る点です。 薄毛対策の方法の仲には育毛剤や増毛剤等があります。 これらは自身の髪を育てる為、自身の髪となってきますが、効果が実感出来るまで半年程の期間が必要とされてきます。 さらに育毛剤や増毛剤は個人の体質等によって効果が得られない事もあります。 その為、半年程使用しても効果が現れずただムダな期間となってしまいます。 しかし、かつらは自分好みに合った物を装着するだけで良いのですぐに効果が得られる物なのです。 さらに肌にも優しいです。 育毛剤や増毛剤にはアルコール成分や保存料が配合されている物がある為に使用しているとかぶれや赤みが発症したりしてしまい肌トラブルの原因に繋がってしまいます。 その為、せっかく髪を増やそうと思っていても健康被害にあってしまいます。 しかしかつらは気になる箇所に装着するだけの行為で薄毛対策になる為、これらの症状が発症しなく肌に優しい方法なのです。 また経済的負担にもなり難い点です。 育毛剤や増毛剤は効果が得られるまで使用し続けなければならない為、経済的負担が大きくなってしまいます。 さらに効果が実感出来るまでの期間使い続けても、全く効果が現れない事もあり、ムダな物となってしまいます。 しかしかつらは1回購入すると装着するだけで効果が得られる為、経済的負担が減る上に確実に効果が現れる物となってきます。 薄毛でお悩みの方は是非かつらを使用する事をお勧めします。

髪の毛を染めずにウィッグを変えれば楽チンで可愛い

ウィッグの良いところは、地毛がどんな状態であれ美しく変身できるところです。例えば寝癖って治すのに一苦労しますよね。ウィッグをかぶってしまえば一瞬でブローしたのと同じ効果が得られます。 最初はウィッグなんで面倒くさいし自分の髪の毛じゃないから違和感がめっちゃあるんじゃないかと思っていました。 でも、実際には違和感があっても可愛いんです。流行りという美化があるのかもしれませんが、例えば今ウィッグをつけているんだなとばれたとしてもそれはオシャレなのでおかしなところは一つもありませんし、逆に可愛い髪の毛だね!なんて言われます。 少し悪い点があるとするならば、カツラタイプのウィッグは生え際がとても不自然だと言うこと。付け毛タイプのウィッグは、自分の髪の毛が黒だったら黒い色にしないと色が合わないところが少し不便なところです。どちらにしても特にプチプラなウィッグはそれなりの品質です。 気になる場合に必ず必要なのが帽子です。 オシャレなウィッグをつけるときの必須アイテムといっても過言ではありません。帽子も可愛いものを選べばファッションが楽しめるので、ウィッグのパートナーとして一緒に購入するのがいいと思います。

家内の闘病生活に欠かせないツール


私は43歳の男性です。遺伝的にもまったくかつらやウィッグが必要になる可能性も低く、家族にとっても全く縁のないものだと認識していました。ところが、昨年、家内が肺がんであることが発覚して、抗がん剤の投与を始めたことで全く他人事ではなくなりました。

41歳の女性ですから子供の社交の場をはじめ、いろいろなところに出歩きます。もちろん、帽子もかぶることはありますが、基本はかつらに頼ることになるわけです。正直、どんな対策を行っても、病気の影響がアウトプットとして見えなくなることはなく、本当に芸能人やテレビなどで見たいかにも抗がん剤による毛が抜けたからかつらをつけているんだという客観的な見られ方は仕方ないと家内も割り切っています。

ただ、せっかくかつらを使うのであれば、それなりに自分の気に入ったデザインやクオリティのものを使いたいというわけです。

冒頭に記載の通り、一切自分自身に関係ないと認識していたかつらやウィッグですからどこで購入するのか、いくらくらいするのかも家内も含めて知りませんでした。

まさか保険が適用されることはないだろうというくらいの知識です。しかし、家内のような闘病のためのかつらも、お芝居などで使われるかつらも同じ場所で、同じように販売されていることには正直驚きました。インターネットでも医療用といった区切りもなければ、価格帯でもまったく遜色ありません。

家内はこのかつらを数パターン選ぶことによって、女性としての矜持を保つことが出来ているようです。そして、このかつらを卒業することが出来れば、こんな髪型にしたいというかつらをあえて選んで購入して使っています。これが闘病の励みになるのであれば、それも良いでしょう。今では帽子は一切使わず、3パターンのかつらをTPOで使い分けて、外出することにしています。

夏場は暑くて大変ですが、意外に自然で簡単に装着できたウィッグでした。

若い時から白髪が多かったので、これまでいつも白髪染めを使ってきました。しかし、そろそろ年齢を考えるとかえって真っ白の髪の毛の方が格好良いのではないかと思い、髪を白髪に戻すことに決めました。 そこで、美容院に行ってわけを話すと、ショートカットにして、自分の白い髪が伸びるのを待った方がよいとのことだったので、髪を切ったのですが、そのショートカットがあまりにも短くて、鏡を見てびっくりです。このままでは外に出れないと、美容師さんに話したところ、伸びるまでウィッグをつけたらどうかとのことでした。それではと思い、日ごろ行くお店に出張販売で来られていたウィッグ屋さんで話を聞き、どれが似合うか色々と試着させてもらい、購入することにしました。 ショートカットにする前の髪型に似たものを購入したのですが、付けてみると、意外と軽く、簡単に装着することができ、ヘアスプレーとブラシでちょっとセットするだけでほとんど違和感なく、家族にも好評でした。また、色も明るい茶色にしたのですが、すこしイメージチェンジした気持ちで、とても楽しくなりました。後頭部も、境目がおかしくならないか心配したのですが、自然な仕上がりでほとんど自分の髪の毛のようです。一つだけ難点は、もみあげ部分の白髪が見えてしまい、そこだけ違和感が残ることでした。 ですので、ドラッグストアに行って、部分的、一時的に髪の毛を染めることができるスプレーを買ってきました。これは、シャンプーで落ちるので、手軽でとてもよかったです。また、ちょうど暑い季節でしたので、夏場はやはりとても暑いということがわかりました。通気性が良く作ってはあるものの、頭に一枚多く着ているのと同じですから、やはり暑くて普段よりも汗をかいてしまいます。反対に、冬場は暖かくてよいのではないかと思います。全体的に、手軽に違和感なく付けられるウィッグはとても使いよく、今後も機会があれば使いたいと思います。

カツラの使用するときの注意とメリット

髪が薄い事は男性にとって、とても深刻な問題の一つです。理由はストレスや遺伝的なもの様々ですが、その問題を一気に解決してくれるはカツラです。カツラを付けると見たことないくらいの自信が湧きます。 コンプレックスを隠すのには、カツラは偉大な存在です。しかしカツラを付けてのデメリットはいくつかあります。 カツラはどうしても違和感を残してしまいます。いくら精巧に作られていても分かってしまうものです。部分的にカツラを使用すればバレない可能性も高いですが、全てカツラにしてしまうとすぐに気付かれてしまいます。 その他にもカツラの強敵がいます。それは強風です。ビル風や強風はカツラを吹き飛ばしてしまうほどの力があります。強風を恐れる余りに髪を抑えながら歩くこともなかなか出来ないので、注意が必要です。私は、一時期カツラを使用していた時期があります。大学生の頃で、昔から髪が薄かった私は、部分的にカツラをするようになりました。カツラをすることでとても自信が付き、ポジティブな考え方が出来る様になりました。 しかし大学の体育の授業の時にバスケットボールをしていた時に、汗と運動による衝撃でカツラが取れて宙に舞ってしまいました。その時は、一瞬何が起きたのか分かりませんでしたが、バスケの試合中だったのにも関わらずその場の全員が凍り付きました。どうしていいのか分からずにソッとカツラを拾いポケットに入れトイレに逃げ込みました。それから大学に行く事が嫌になりました。 私のカツラがバレたという経験の様にコンプレックスを他人に見られるというのは大変な屈辱です。見た人達も良い気分にはならないので、カツラの事故は大変注意しなければなりません。カツラはおしゃれアイテムの一つでもあるので、ポジティブに開き直ってカツラを使用することが肝要です。